デリヘル嬢のお仕事とは

デリヘル嬢のお仕事とは、本当のところどういったことなのでしょうか。
想像するだけでは分からない、デリヘル嬢のお仕事の実態や、働く女の子の心構えについてまとめてみました。
デリヘル嬢の仕事は、所属するお店に電話が入るところから始まります。指名があればもちろん指名された女の子が、指名ではない場合は、お客さんの求める条件に近い女の子が行くことになります。
スタッフの男性が運転する車に乗って、お客さんの指定した時間・指定した場所へ向かいます。基本的にはホテルを指定する人が多いようですね。
これからはお店次第ですが、方針によってはまずお客さんから料金をもらいます。ここでオプションの確認などをしておくとあとがスムーズに進むようです。
お金のことが終われば、次はお客さんと一緒にシャワーです。隅々まで洗ってあげることでお客さんには喜ばれますし、女の子としても清潔なことがわかって安心です。
シャワーが終わったらいよいよプレイです。お金の精算が終わったあとは、まるで恋人のように振舞うとお客さんに喜ばれるようです。お客さんを楽しませようという気遣いがある女の子は、ここに力を入れているようですね。
プレイは基本的に本番禁止。口や素股で終わらせるのが普通です。
プレイが終わればシャワーを浴びて帰るだけですが、最後まで恋人気分で別れを惜しむ様子を見せることも重要なのだそうです。
ただプレイをするだけではなく、女の子の気遣いやプロ根性が問われるお仕事だと言えそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ